読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文房具進化論

ビジネス、勉強、自己研鑚に文房具はとっても役にたちます。僕が勉強したこと、覚えたこと、経験したことを中心に書いて行きます!

人生の「流れ」について考察します。〜流れは乗るべきか?任せるべきか?〜

良い「流れ」になってきたら、黙って身を任せよう! 基本、人生に「流れ」なんていうものはないと信じて生きてきました。良い「流れ」になっても悪いことが起こるし、その反対も嫌という程味わってきたからです。良い「流れ」の潮目がわからないままに濁流に…

【御指名です!】カッコよく「三本締め」「一本締め」を決めよう~さらりと大人の余裕を見せるチャンスです~

会社の宴会などは『手締め(てじめ)』で終ることが習慣になってます。 「それでは皆さんお手を拝借!パパパン、パパパン、パパパン、パン!」 という、例のやつです。どうしてやるのか意味は分からないのですが気持ちよく、そして切りよく宴会を終わること…

「文具王に俺はなる!」~言葉の力は凄い~

言葉の力を使って成長する方法 思い出の「文具王」ストラップ このストラップは僕が最初にオリジナル名刺を作った会社のデザイナーさんがプレゼントしてくれたものです。あれから5年経ちますが、僕はまだ大事にこのストラップを持っています。僕のお守りみ…

「至誠」という考え方

「至誠」という考え方を学ぶ 「至誠」って、いったい何? みなさん、「至誠」って知ってますか?僕は知りませんでした。しかしながら、この考え方は生き方全てに通底するところがありまして、僕自身びっくりしています。今までの色々なパーツが集約されたよ…

「心の授業」を読んで思うこと

2015年2月5日の中日新聞朝刊に投稿された「くらしの作文」に大変感動した!この「心の授業」が未来へ向かって一歩が踏み出せない僕たちの背中を押してくれることを切に願う。そして僕自身が変わっていく原動力にしたい。 「心の授業」佐藤見知栄(愛知県刈谷…

マジシャンの心意気で行く3つの方法

マジシャンのような心意気で行こう。 マジシャンは憧れの存在だ。 プロのマジシャンは凄いですよね。本物を見ても、テレビで見ても、スロー再生して見ても一度も見破れたことがないです。「種明かし」をしてもらっても、驚くような超人技ということがよくあ…

何を、誰に、どうやって?

理央周さんの『「なぜか売れる」の公式』読んでます凄腕マーケッターの本は面白いです!(^^)なんと!「売れる」の公式は、3つのステップを踏むだけだそうですよ〜何を、誰に、どうやってここがとっても分かり易いです。元々売れる商品があったために「何を」…

自分を一瞬でアピールする名刺

一瞬で自分をアピール出来る素敵な名刺を持っていなくてはならない偉い人達はみんな時間がないからだ!挨拶を交わして、名刺を渡してそれを見た瞬間にどんな人間なのかわからなくては駄目なのだ。僕の場合は「君は文房具好きなのか!」と、わかってもらえる…

戦わない経営を読んでみたら?

浜口隆則さんの「戦わない経営」もう何十回も読んでますが本当に心に残る言葉が満載です(^^)僕達の頭の中には、経済はまるで戦争その中で戦い続けて勝ち残った者が成功者!そんなイメージありませんか?恥ずかしいけど、僕はそう思ってましたお客様は敵だと…

「営業マンの大切なこと」を文房具進化論的に分析する。

営業マンの一番大事なことは何でしょう? ドラッカー先生の言われるように、「顧客の創造」でしょうか? そこも間違いないとは思いますが、基本の基本から考えましょう(^^) まずは、売ったもののお金を決められた通りに回収すること。 ここは大事ですよ…

4P分析で戦略を立てよう!

「商品をどう売るか?」どう売るかを考えずに、商品を店頭に並べているだけでは成長がなく、お客様にも、自分達にも不幸です。何を・・・PRODUCTいくらで・・・PRICEどこで・・・PLACEどう売るか・・・PROMOTIONという、4つの視点で紙にかいて分析すると思…

モノを売ること、買うこと

「モノを売ること、買うこと」ここには必ず幸せがなくてはならない。ここには必ず信頼がなくてはならない。ここには必ず成果がなくてはならない。たった一本のボールペンだって売り買いにはストーリーがある。買いきてくれた経緯、そして出会い性能や特性を…

幸せのストーリーを売ろう!

「幸せのストーリーを売ろう!」モノを売る職業の人達の多くが「売れるモノが無いんです!」「競争力が無いんです!」「厳しい時代なんですよ!」そんなセリフを繰り返してます。どこで買っても同じなら、人は一番安いところで買いますよね〜(*^^*)でも、コ…