読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文房具進化論

ビジネス、勉強、自己研鑚に文房具はとっても役にたちます。僕が勉強したこと、覚えたこと、経験したことを中心に書いて行きます!

脳を活性化する3つの方法

仕事術

脳を活性化していつまでも少年でいよう!

健康でいるために何をすべきなんだろうということを考えてみました。健康は「自転車に乗っている」ようなものだと思うんです。しっかりバランスをとって、しっかり足でこいで、そして自転車のメンテも怠らない。そんな状態が健康です。

健康を維持するために僕が実践している「健康法」を紹介します。もちろん「文房具」を使っての方法です。でも、これは使うアイテムを変えるだけですぐに応用出来ますので、ぜひお試しくださいね。とっても簡単ですから、すぐ出来ます。

キーワードはどれも「刺激」です。どうやって自分を刺激していくのか考えて、それによって脳を活性化し、いつまでも少年の心を保つ方法です。では紹介いたします。

  1. 「文房具」を使って過去に戻る。
  2. 「文房具」を使って発信する。
  3. 「文房具」を使って行動する。

f:id:fumihiro1192:20150222073704j:plain

1、「文房具」を使って過去に戻る。

過去に戻るって脳にとても良い刺激になることが脳科学の世界で証明されているんですよ。アルツハイマー型認知症患者の方に、昔好きだった音楽を聴いてもらうと症状が劇的に改善する事例があるそうです。これは一体何が起きているのでしょう?

それは普段使っていない脳のパーツが刺激されるのです。僕もここに気が付いていました。子どもの頃に好きだった「文房具」、憧れていた「文房具」を見たり手に取ったりすると驚くほど興奮するのです。その頃の映像が目に浮かぶのです。

骨董収集家はこういう部分に魅せられているのだと思います。でも、文房具なら安価で簡単です!ちょっと実家に帰って机の中を漁らせてもらえば叶うのですからね。過去に戻れば「刺激」が貰える。ここを覚えておいてくださいね♪

2、「文房具」を使って発信する。

僕は毎日「文房具ブログ」を更新しています。読んでくださる方も沢山みえて、反応もあります。とっても刺激的です。やはり人は他人から見られているという意識がないとダラダラしてしまうものみたいなんです。そうは思いませんか?

「文房具」について毎日書いても365個のブログしかアップ出来ません。文房具店に行くと何千種類もの文房具が売られているし、カタログを開けてみると何万種類もの文房具情報がついてます。百単位など知れたものですよね。

発信するためには文章を推敲しなくてはなりません。読んでいる人を傷つけないようにしなくてはなりません。かなり時間を使って考えて、発信しています。そんな作業は「脳」を活性化してくれています。僕に少年の心をもたらしてくれてます。

3、「文房具」を使って行動する。

中学生の時は「家と学校と本屋」が行動範囲でした。高校時代も同じです。大学時代もそれほど変わり映えしませんでしたが、自転車で旅行に行くことを覚えました。社会人になって「家と会社」の往復でしたが、変えようと考えたのです。

「文房具」のおかげで行動範囲は広がったと思います。文房具朝食会@名古屋で月に一度は名古屋で会合をするし、各地の文房具店に出かけていくし、展示会などは素人とは思えないくらい積極的に参加するからです。

雑誌、テレビの依頼は基本断らないようにしています。普段会えないような面白い人に会えますし、全く違う業界の方とお話しするチャンスもあります。ここはとっても刺激的です。行動すると人生が驚くほどのスピーで変わります。

 

以上が僕の「文房具」使って脳を活性化する方法です。

  1. 「文房具」を使って過去に戻る。
  2. 「文房具」を使って発信する。
  3. 「文房具」を使って行動する。

簡単ですよね。「文房具」を「料理」「車」「旅行」など自分の好きなモノの置き換えて応用したらいいのですから、みなさんもお試しください。