読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

文房具進化論

ビジネス、勉強、自己研鑚に文房具はとっても役にたちます。僕が勉強したこと、覚えたこと、経験したことを中心に書いて行きます!

書類を探すことを止めると決めた日から変えたこと~シンプルで行こう!~

書類を探すことを止めると決めた日から変えたこと

f:id:fumihiro1192:20150501064338j:plain

僕が会社に入った昭和の頃

僕が入社した頃には、まだパソコンが部署でひとつしかありませんでした。僕がパソコンの前で仕事していると「そんなことは女性にやってもらって、お前は仕事しろ」と上司によく注意されました。今から考えると信じられないような時代でした。

配属された職場は発案から決定まで4か月くらいかかる仕事でした。ひとつの案件で50枚くらいの紙の量になるので、30件ほど担当すると机の上は紙だらけになりました。机の上どころか足元まで埋まっていたものです。

そんな混沌とした中でいい仕事など出来るはずもなく毎月残業100時間程度で、土曜日も大抵出勤してました。残業手当は沢山貰いましたが、僕には何も残らなかったです。なるべく早く会社を辞めて、違う業界で働きたいと考えていました。

突然の異動で目が覚めた

そんな環境で10年ほど過ぎてしまった。そんな僕に突然の「異動辞令」が下った。僕は新しい世界を経験出来ることが嬉しかった。この環境から脱出して成長して38歳までに家のローンを返済して会社を辞めようと計画していたからだ。

新しい職場に行って驚いた。確かに紙は多いけど、驚くほど少ない!しかもチーム制がしっかりしていて個人持ちする書類がほとんどない。さらにボックスに入れておけばアシスタントの女性が勝手にファイリングしてくれる。

そこで気が付いたのが「書類を探す時間がない快適さ」です。僕はこの世界を経験して、これから書類を探すという全く生産性のない時間を徹底的に無くそうと考えたのです。しかも完璧さを求めすぎないという付録つきで(笑)

その日から実践していることを紹介します。

1、押し出しファイリング

1案件1ファイルとして、机の一番下の引き出しに手前から入れて行きます。使ったら必ず一番手前にファイルします。1か月に一度は確認して、1年以上見ていないファイルは廃棄処分にします(またはスキャンします)。

2、机の上には書類を積まない。

INBOXなどの書類を放置しておくと書類の山になってしまいます。書類は横にして積んでいくと死んでしまうのです。INBOXに入ってきた書類は即座に処理する。そして書類は「積まない」。これを徹底してます。

3、「決める」ことを仕事の最優先に

決められない案件だから残ってしまうのですよね?だから、「決める」が大事です。即断即決とまでは行かなくても、自分の出来る範囲で「決める」ことを心がければ驚くほど手持ち書類は減ります。

今回、触発されたブログを紹介します。

oyakode-polepole.hatenablog.com

ポレポレとうさんのブログは僕にとって「波長の合うブログ」です。文章も丁寧で上手いなぁ~と感心させられます。参考になるところも多いですし、なによりお互い文房具好きという共通点がありますから、末永くお付き合いお願いします。

erisaslife.net

女性目線って大事ですよね。僕は嫁さんに怒られてばかりなので女性の意見は聞きたくありません(笑)でも、文字で読むのは抵抗ありませんので、このブログからどんどんシンプルライフを吸収していきたいと考えてます。

以上です。最後までお読みいただきありがとうございます!感謝です。