文房具進化論

ビジネス、勉強、自己研鑚に文房具はとっても役にたちます。僕が勉強したこと、覚えたこと、経験したことを中心に書いて行きます!

自分の創造性(クリエイティビティ)を爆発させる5つの方法

f:id:fumihiro1192:20190126121241j:plain

同じ課題を与えても人によって出来栄えは様々です。それは個性なので仕方ないことですよね。でも、その人の持つ固有の創造性(クリエイティビティ)が原動力になっていることは間違いないみたいですよ。今日はここの話をします。

この創造性のエンジンが大きい人ほど、大きなエネルギーがあってよく回る人ほど、仕事にも趣味にも疲れを知らずに走り続けることが出来て、周囲にも認めてもらえる良い結果が残せるのです。一体、何に気をつけたら良いんでしょうね?

今日は、今まで僕がこのデリケートな部分に気をつけてきたことを紹介します。ここに気がつくまで、無駄に走り回って鬱になったりしたので、参考になると思います。ぜひ、40歳以降の方にこの記事をお勧めしますね。では早速始めます。

目次です

創造性(クリエイティビティ)を開花させる5つの注意点

f:id:fumihiro1192:20190126121954j:plain

それではこれから仕事で差をつけるために創造性を開花させる5つの注意を書きますね。ここに注意して日常を送っているだけで、かなりの差がつきます。とても簡単に書きますので、メモの用意をしてください(笑)

  1. 毎日、同じことをやらないように努力する。
  2. 楽しく生きるように工夫する。
  3. 周囲を笑わせるように仕掛ける。
  4. 3年後の最高の自分を思い描く。
  5. お金と時間を使って無駄なことにも没頭する。

この5つです。意外に簡単に見えますが難しいですよ。

この5つの方法をこなすポイントです

f:id:fumihiro1192:20190126122924j:plain

 1、毎日、同じことをやらないように努力する。

毎日エレベーターを使っているなら、たまには階段を使いましょう。毎日白米を食べているなら、今日はやめてみましょう。同じ理髪店にいくのはやめて、毎回違う店にチャレンジしてみましょう。これが同じことをやらない努力です。

2、楽しく生きるように工夫しよう。

これは心がけなのです。1日のうちに何回かは腹をかかえて笑うようにしましょう。よく考えたら、あまり笑っていないでしょ?笑いは「健康の源」です。どうしたら大笑いできるようになるのか?それは工夫次第です。

3、周囲を笑わせるように仕掛ける。

家族でも、友人でも、職場でも、たまたま入ったレストランでも、あなたは周囲を笑わせなくてはなりません。プロの漫才師の人たちがどんな環境でも相手を笑わせる術を持っているのは何か?ここはきついですよ。

もしもあなたが相手を少しでも舐めたり、馬鹿にしたりする心があれば、相手は敏感にそれを察知して誰も笑ってくれません。そして、そのつけは20倍になって自分に降りかかってくるのです。この仕掛けが出来るようになる特訓をしましょう。

4、3年後の最高の自分を思い描く。

歌手なら日本レコード大賞や紅白に出場している姿を思い描きましょう。テニスプレーヤーならウィンブルドンで優勝している姿。文房具好きなら、あなたのプロデュースした文房具が世界を揺るがした姿です。

そんな姿を思い描いてみると、自分が何をすべきかがうっすらとみえてくるんです。正しい努力をして、明確な目標から逃げなくなります。歌手になりたいのに、毎日違うことをしていても仕方ないんですよね。

5、お金と時間を使って無駄なことに没頭する。

僕は断然「美術館」にいくことをお勧めします。行ったところで、何になるわけでもないのですが、そういうことにお金を使うようになってから人間的な厚みが出たようなきがするんです。やっぱり余裕がないとダメですね。


以上です。
ぜひぜひ、創造性を爆発させて楽しく生き生きした人生にしてくださいね。

創造性の爆発のための参考図書

f:id:fumihiro1192:20190126172204j:plain

内なる創造性を引きだせ

内なる創造性を引きだせ

 
ピクサー流 創造するちから

ピクサー流 創造するちから

 
創造性とは何か(祥伝社新書213)

創造性とは何か(祥伝社新書213)

 
どうしてあの人はクリエイティブなのか?―創造性と革新性のある未来を手に入れるための本

どうしてあの人はクリエイティブなのか?―創造性と革新性のある未来を手に入れるための本

  • 作者: デビット・バーカス,プレシ南日子,高崎拓哉
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2014/10/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 
天才たちの日課

天才たちの日課

 

 あわせて読んでいただきたい僕のブログ記事です

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

【これから読書を始める人へ】あなたにぴったり簡単で有効な読書法を教えます

f:id:fumihiro1192:20181221194705j:plain

僕は子供の頃から読書が好きだった。ドッチボールをやってもサッカーをやってもその他大勢で主役にはなれそうになかったし、走るのも早くなかったのでスポーツに魅力を感じなかったのだ。その反動だと思うが読書に没頭した。

読書は本当に楽しかった。本を開くだけで冒険の世界にも、狂気の世界にも、歓喜の世界にも連れて行ってくれた。なんとか睡眠取らずに済ませる薬があったら、それを購入して寝ないで本が読めたらいいなぁと真剣に考えていた。

しかし、大当たりだと思うような面白い本は100冊くらい読んで2冊か3冊だった。このあまりにも歩止まりの悪い作業に僕は疲れ果てていた。「もっと面白くてためになる本が読みたい!」この夢は僕のライフワークとなったのだ。

どうやって本を読んだら良いか教えます

f:id:fumihiro1192:20181221194708j:plain

さて、本題に入りましょう。どうやって本を読んだら良いのか?というか、どうやって面白い本を探し出したらいいのか?僕はこんな方法で選書することを40歳を超えたあたりで編み出しました。

  1. 好きなジャンルを決める。
  2. そのジャンルの本を紹介したガイドブックを読む。
  3. そして同じ道を志している人に教えてもらう。

この通りにやれば間違いなく良い本に巡り合えます。

さらには僕の場合、ジャンルが「ビジネス書」だったので、この3つのエッセンスに加えて、読んだら必ず行動計画を決めて読んだ本のエッセンスをノートに書き留めると同時に、アクションプランを書いてました。

例えばですが、ハワイに関する本を読んだとしたら「年内にハワイに行く」と書いておくんです。自分がその気になった目標はたいてい叶います。その気になっていなければ、ささやかなことでも叶いません。

目標を立てる事がいかに大事か、そしてその一歩を踏み出して、やり遂げる事がどれだけ尊い事かを「読書」で勉強するんです。その勉強や、やり遂げる練習はとっても役にたつのです。そしてそれがわかると人間関係の構築にも影響します。

どんなに凄い人でも、一人でトンネルを掘っていたら寿命が尽きてしまいましからね。

以上が、僕の『どうやって本を読んだら良いか?』という読書法です。

あわせて読んでいただきたい僕のブログ記事です 

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

世界は宇宙で出来ている。宇宙も世界で出来ている。

f:id:fumihiro1192:20170225094449j:plain

 

世界は宇宙で出来ている。宇宙も世界で出来ている。

 

何を言っているのか、よくわからない人が多いと思います。

 

それは、こういうことなんです。どんどん小さな世界に入っていくと、そこには「宇宙」が広がっています。もちろん、どんどん大きな世界に広げていっても、そこには「宇宙」が広がっています。広大で荒涼とした「宇宙」なのです。

 

結局のところ、僕たちも「宇宙」に支配されてます。その証拠に細胞から分子とか原子の世界に入っていくと、そこには個性も何もない「宇宙」しかないのです。僕も最近このことに気がつきました。本当にうまくできているなぁと思います。

 

ここには「神様」が宿ります。

 

「神様」は無機質で、感情がありません。我々をある一定の法則により導いてくれます。この波に乗ってうまく生きていくことが、人生の醍醐味なんであります。自分の力だけでうまくいっている人なんて誰もいません。成功者たちもそこは認識してます。

 

そうであるならば、小さいことも、大きなことも同じような取り組み方で立ち向かうことが大事なんだと気がつくべきでしょう。そうやって僕たちは「神様」が無機質に作り上げた波に乗って行きます。

 

「神様」に立ち向かうべく、人類の秩序を守るべく、僕たちに仕組まれた夢は壮大で頑丈でありますが、そこは上手に立ち回ってすり抜けていきましょう。そんな生き方は必ず貴方達に「幸せ」をもたらしてくれます。

 

僕たちは「こうあるべき」という集合知によって繁栄してきましたが、そこからはみ出しても何とか生きていけます。さらには、驚くほどの楽しさがそこには待っています。時間の流れや感覚を変えるほどの恐ろしい効果です。

 

僕は宗教の人でなく、単なる文房具マニアですから勧誘などしませんから安心してください。ちょっとだけこういう観念を持って生活してみてはいかがでしょうか?今日は、そんなお話でした。

 

 

合わせて読みたい僕のブログ記事。

 

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

 

【失敗も財産だ】3つのルールで失敗を「人生の糧」にしよう!

f:id:fumihiro1192:20170202211345j:plain

 

失敗を恐れてはいけない。

 

失敗することを恐れると、小さくまとまってしまい、面白くない人生になってしまう。もちろん、失敗ばかりしていてもいけない。時間の浪費につながるからだ。では、失敗をどう活かしたらいいのか?人生失敗だらけの僕が、教えたいと思う。

 

失敗をうまく未来につなげるためには、3つのルールにのっとり「失敗を人生の糧」に上手に変えていかなくてはならない。ここは結構バランス感覚を要求されるので、じっくりと自分のものにしていってもらいたい。

 

3つのルールとは、以下のようになる。

 

  1. 失敗のリカバリーは意地でも自分でやりぬく。
  2. 同じ失敗を絶対にしないと肝に銘じる。
  3. 失敗の記録をして読み返し対策する。

 

この3つのルールが大切だ。

 

「失敗のリカバリーは意地でも自分でやり抜く」これは、失敗のリカバリーを自分でやり抜かないと根性がつかないし、その仕事に執念が湧かないからだ。執念が湧かないと何をやってもうまくいかない。仕事の成功の源泉が執念だからだ。

 

徹夜してでも何をしてもリカバリーをやり抜こう。その辛さが執念を生み出し、あなたの最大のエネルギーになるはずなのだ。これがないと職位が上がった時に、対応できない時もあるのだ。執念を持って仕事にのぞもう!

 

「同じ失敗を絶対にしない」人生がうまくいっていない人は同じ失敗をする。同じタイプの詐欺に引っかかったり、同じタイプの男に騙されたり、何度も同じ仕事の失敗を繰り返す。簡単にいえば、進歩がないからだ。

 

失敗したら、今後どうやってこの失敗を繰り返さないで生きていけるかを真剣に考えよう。失敗してもお酒を飲んで寝るだけの人は、必ず同じ失敗をして公開だけして人生を終えていく。すごいやつはこのサイクルにはまらないのだ。

 

そして最後が「失敗を記録し読み返し対策する」である。ここにはすごい秘密があるのです。成長していくと、その物事に対する対応が変わってきます。何年も前と同じ物事でも対処法は自分の中で刻々と進化し続けているのです。

 

だから、教科書がいるんです。

 

何年も前の自分を見るのは、とっても恥ずかしいですが、思い切って相談してみましょう。僕は近くに未来の僕がいるので、とっても相談しやすいです。さらには簡単に活字にできるので本当に便利です。

 

3つのルールを習得して、素敵な人生の運転手になりましょうね。

 

 

合わせて読みたいブログ記事。

 

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

 

神様が教えてくれた「世の中の法則」

f:id:fumihiro1192:20170122160749j:plain

 

僕は、都合の良い時だけ「神様」を信じている。そんなことしてバチがあたるぞ!と言われそうだけど、しかたがない。だって「神様」の方だって、僕たちを都合の良い時にしか見てくれていないからだ。というよりも全然見てくれてないからだ。

 

僕は子供の時に気がついた。「あれ?僕は妙に運が悪いぞ」くじ運もないし、人間関係はボロボロだし、家族もうまくいってないし、このまま生きていくとやばいんじゃないのか?と思った。なんとなく下り坂を滑り落ちでいる感じだ。

 

せめて、運だけでも良くしようと思い、どうしたら運が良くなるのか必死で考えた。その結果、思いついたのが「運が良い人についていく」ということだ。目標にする人を決めて、その人が右にいくなら僕も右に行くことにした。

 

これは大当たりした。さらには周囲の人をじっくり観察することで「運の良い人」「運の悪い人」を識別するだけでなく、どうしたら流れに乗るかとか、どうしたら流れに逆らえるのかを考えられるようになった。

 

さらには、この考えは大人になっても使えた。お金に困っていない人には共通点がある。お金に困ってしまう人にも共通点がある。それは失敗する人の共通点だ。そういう人と一緒にいてはいけない。さらには結婚してもいけない(笑)

 

結論をいうと「神様」なんて、いるにはいるけれど「無責任」なのだ。僕らの個性とか都合なんてまったく関係なく振り分けている係りなのだ。ただそれだけのものなのだ。僕たちはそういうものにお賽銭をあげてお願いをしている。

 

しかし、この行為は無意味ではない。願いが叶ったりするのは目標が明確になるからだ。自分が何をしなくてはならないか理解できるからだ。漠然とお願いしているだけじゃダメ。具体的に絵に描けるレベルまで強くお願いすることが大事だ。

 

話を元に戻すと、「世の中には法則」がある。

 

この真理を求めて人は彷徨って苦しんでいる。苦しんでいる人は教えてもらうしかないのだが、教えても教えてもその話を信用できないので、同じ場所でぐるぐるハツカネズミのように周り続けている。本人はがんばっているつもりだ。

 

冷静にそこを見直そう。同じ場所でぐるぐる回らなくするためにはどうしたら良いのか。浪費を投資にまわすためにはどうしたらいいのか。消耗しないために、自分の価値を高めるために、どうするのか考えよう。すると答えはすぐ近くにある。

 

時間があったらここを考えよう。周囲にも考えさせよう。もちろん、家族にも、恋人にも、ここを考えて共有しよう。そうすれば、文明がある限り「幸せ」はあなたについて回るだろう。お楽しみは、これからなんです(^ ^)

 

合わせて読みたいブログ記事。

 

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

 

 

僕たちがチャレンジ精神を忘れてはいけない理由。

f:id:fumihiro1192:20170115170132j:plain

 

仕事は、普通にやったら「普通の結果」しか出ないものである。

 

冷静に考えたら当たり前のことだが、僕たちは普通にやっていることを過大に評価されたがっている。「正当に評価してもらえない!」と怒っている人の大部分が普通にしかやっていないのに、上司が好き嫌いで評価していると思っている。

 

もっと周囲が驚くような成果を出さないと、突き抜けることは出来ないのだ。それには「スピード」「精度」「効果」の3つの観点で見ていかなくてはならない。このうちのどれが欠けても、成果とはみなされないのだ。厳しい世界なのだ。

 

そうならば、ある程度リスクを取らないといけない。リスクもなしに周囲を圧倒するような成果は出せないからだ。失敗すると周囲からつまみだされてしまうかもしれない、やっかいものになるかもしれない。でもチャレンジしよう。

 

驚くような成果をだすためにチャレンジしよう!ギャンブルしよう!例え会社人生のすべてを失うようなことになっても、後悔しないはずだ。それどころか、評価してくれる人が出てくるかもしれない。それは夢を叶える階段の第一歩になる。

 

普通のやって、普通に終わる人生からは今日からお別れしよう。

 

僕たちは、そのくらいしか生き残る道はないのだから…

 

 

合わせて読みたい自己啓発系ブログ紹介。

 

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

 

 

僕たちは優秀な生物であり、その生き残りであるため失敗を極度に恐れる。失敗しなかったから、生き残ってきたからである。そういう種族に失敗を恐れるなと言っても無駄のような気がするがあえて言いたい。

 

失敗しても死んだりする時代は終わった。ちょっとだけ給料が下がったり評価が悪くなるだけなのだ。しかし、そのチャレンジをしなければ、その他大勢と同じになり名前も残せないし、周囲が滅ぶと同時に自分も滅びるだけの人生になる。

「好きなこと」と「嫌いなこと」の間にあるもの

f:id:fumihiro1192:20161224071055j:plain

 

僕たちは「好きなこと」が「うまくいく」ことに大きな快感を覚える。そこは、人間の性なので、避けて通る事はできないようだ。ゴルフが好きな人が、良いスコアを出す。料理が得意な人が、みんなに美味いと言ってもらう。このことだ。

 

わかりやすく分類するために、以下のようにまとめると、

 

  1. 「好きなこと」が、思い通りいく。
  2. 「好きなこと」が、思い通りいかない。
  3. 「嫌いなこと」が、思い通りいく。
  4. 「嫌いなこと」が、思い通りいかない。

 

多くの人が3番4番について「そんなことどうでも良いわ!」と思う。ということは、3番4番は同じ位置にいる。それを考えると、1番2番も同じ位置にいなくてはならないはずなのに、人はここに大きなストレスを感じる。

 

ともすると、1番の「好きなこと」が思い通りにいかないのなら、努力もしないほうがましだという思考に陥ってしまうことがある。「どうせ、思い通りの良い結果が出ないんでしょ?」「やっぱりね!」と結果を結びつけてしまうのだ。

 

僕もそんな人間だった。高校時代にどんなに勉強しても結果が出なかった(笑)。そもそも勉強の仕方が間違っていたのだが、それを棚にあげて「どうせ、勉強しても結果が出ないのならやらないほうがまし」と、自分に言い聞かせたのだ。

 

思い返すと、ただ子供のようにすねていただけなのだが、僕はそこに全く気がつかずに時間だけを浪費して過ごしていた。とってもバカな青春時代を過ごした。でも、そこも僕の人格の一部になっているので、人生は面白い。

 

ちょっと話が逸れてしまったので、軌道修正します…汗

 

「好きなこと」を大事にしなくてはならない。その結果がどうあろうと、人生を楽しく過ごすエッセンスはそこに間違いなく存在する。そこに「結果」を直接的に求めてはいけない。「好きなこと」を「嫌いなこと」に変えてしまうからだ。

 

例えば、野球が好きだったら補欠で試合に出る事ができなくても「好き」で居続けよう。必ず自分に見合ったステージが見つかる。それは仕事も、恋愛も、趣味もすべてを包括するこの世の中の真理なのだ。

 

自分は一体何が好きなのか、内緒でノートに書き出そう。どんどん書いていると、隠していた自分が見えてきます。恥ずかしい自分が見えてきます。多くの人から評価されなくても、ごく一部で指示されれば良いのです。

 

ここをしっかり見極めて、心静かに、楽しく生きていきましょう(^ ^)

 

 

合わせて読みたい僕のブログ記事。

 

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp

fumihiro1192.hatenadiary.jp